自転車あれこれ

自転車は子供から大人まで欠かせない乗り物です。
その中でも特に活躍しているのは、子供乗せ用の自転車でしょうか?
お母さんと前後に子供が二人乗れるようにした自転車は、抜群の機動力です。

国によっては、自転車を「バイク」としてみなし、ヘルメットをかぶることが義務付けられている場合もあります。
確かに、ロードバイク位のスピードが出るものはいわゆる自転車というよりはバイクに近い存在なのかもしれません。

また、最近人気なのは電動自転車です。
電動自転車と言っても、電動アシスト自転車はモーターで人力を補助するしくみですから、ペダルをこがなければ走りません。
それでも、坂道などは普通の自転車に比べるよりも格段に楽に進みます。

最近は、自転車用の保険も多くなってきました。毎日乗る人は、自分がけがをしたり、人にけがをさせてしまうことも考えられますから、加入をしていおくと安心です。

中には、コンビニで加入できる自転車保険もあります。事故を起こしてしまった際の費用を考えると、年間数千円の保険料は決して高いものではないでしょう。

自転車を買う場合も、町の自転車屋さんだけでなく、通販を利用する人も多くなりましたし、中古の自転車専門店もあり、色々な選択肢があります。

ロードバイクに乗りたいなら

自転車ブームが続いていますが、颯爽と走り抜けるロードバイクは誰もが一度は乗ってみたいと思うのではないでしょうか?
以前はロードレーサーと呼ばれていたこともある程ですから、いわゆるママチャリとは同じ自転車の中でも全く別モノと言えます。
ロードバイクの部品や素材は常に開発が続けられており、中には5kgにも満たない重さのものまであります。

ロードバイクに乗りたい人は、のんびりツーリングというよりはスピード重視だと思いますが、選び方のポイントはどの辺になるでしょうか?
やはり、目的は何かによって選択するのが賢明でしょう。
要はスピード重視か、距離重視かですね。

とは言っても、通常の自転車に比べると高価なものがありますから、予算の範囲内でお気に入りのモデルを選ぶのが良いでしょう。
比較的安価なものでも10万円程度はするロードバイクですが、最近は中古でもかなり出回っているので選択肢のひとつとして考えても良いかもしれません。

ロードバイクのメーカーでは、国産ならアンカーやアラヤ、海外ならカナダのアルゴンエイティーンやアメリカのオールシティなどが有名です。
比較的安価でよく見かけるのは台湾のジャイアントですね。
こういったものは、どんどん良いモデルが欲しくなるものかもしれませんが、まずは手ごろなモデルから試してみるのも良いのではないでしょうか。

シャネルの魅力

ブランド品と言えば、ルイヴィトンと並んでやはりシャネルの人気は高いですね。

バッグや財布、時計など様々なファッションアイテムを展開しているシャネルですが、元は「シャネル・モード」という帽子専門店でした。

創設者は、映画にもなったココ・シャネル。多くのブランドがそうであるように、シャネルも創設者の名前から付けられています。

シャネルと言えば代名詞とも言えるのが香水の「No.5」。
マリリン・モンローが「寝る時に身に着けているものは?」と質問された際に「シャネルのNo.5を5滴」と答えたのは、あまりにも有名なエピソードです。

マリリンモンローに限らず、芸能人にもシャネルのファンは多いです。

長澤まさみやつんく♂、浅田美代子などもそうですし、海外でもニコールキッドマンやキーラ・ナイトレイが知られています。

シャネルの魅力と言えば、古い価値観にとらわれない女性像を目指した創設者の想いを反映させたセンスでしょう。

また、コスメで言えばカラーバリエーションの豊富さは他のブランドと比べても飛びぬけたものがあります。
赤ひとつ取っても、濃淡だけでなく鮮やかな赤や落ち着いた赤など、使う人の個性を際立たせるラインナップが用意されています。