もしかして、更年期障害?

「あ、これはもしかしたら」なんて40~50才台の方なら更年期障害を疑う日が来るでしょう。

更年期障害の症状としては、顔がほてる、のぼせる、脈が早くなる、大量の汗をかくなどが一般的ですが、抜け毛や尿漏れを伴う場合もあります。

更年期障害の原因は卵巣が衰えることで女性ホルモンの量が減る事ですが、それ以外にも時期的に生活のリズムが変わることでストレスが引き金になることも少なくありません。

女性ホルモンのバランスが崩れることが主な原因ですから、更年期障害は女性特有のものと思われがちですが、実は男性にも更年期障害はあります。

男性の症状は、だるさや疲れやすさ、不眠、うつなどに加えて女性と同じくのぼせやほてりなども起こります。

また、めまいやふらつきも更年期の症状のひとつです。めまいと言っても、ぐるぐると回る感覚があるものではなく、体がふわふわした感覚のものです。

更年期障害には漢方薬が用いられることが多いですが、一般的な薬に比較して体への負担が少ないことがその理由でしょう。

また、漢方のサプリメントも多く市販されており、田七人参や高麗人参が含まれるものが有名です。