痛風の原因と改善

痛風はその名の通り、風が吹くだけでも痛いという症状ですが、具体的にはどの様な症状が出るのでしょうか?
通常、痛みが出るのは足の親指付け根、かかとなどです。主に足に発生するわけですが、中には手首やひじなどに出る場合もあります。

尿酸値が高くなることが原因ですが、暴飲暴食、ストレス、運動不足などがその要因となります。

痛風の原因=ビールというイメージを持っている人も多いと思いますが、それはビールに含まれるプリン体が原因だからです。
ビール以外にも、プリン体はレバー、エビ、イワシなどにも多く含まれます。

痛風の改善をするには食生活を見直す必要があります。

まず、ビールに限らずアルコールは避けるべきです。プリン体が少ないものであっても、体内にアルコールが入れば腎臓の働きが弱まり、体内の尿酸値が高くなってしまうのです。

その意味では、利尿作用があるコーヒーを飲むのは良い作用があります。

痛風の痛み止めではコルヒチンが一般的ですが、市販薬ならばロキソニンSが一番の選択肢となります。