ジョジョの奇妙な冒険 実写版が楽しみ

漫画にはロングセラーのものが多いですが、その一つに「ジョジョの奇妙な冒険」があります。
第一作が始まったのは1986年のことですから、すでに30年が過ぎています。
単行本もシリーズ通算では118巻にもなる、まさに超大作と言えます。

元々はイギリスが舞台でしたが、シリーズを追って日本、アメリカ、イタリアと広がりながらも主人公はJOJOと訳せる名前が付いています。

ジョジョの奇妙な冒険は、ストーリーはもちろん、キャラクターの動きや擬音などもほかの漫画には見られない独特な世界を持っています。

擬音の定番はやっぱり「ゴゴゴゴゴ」でしょう。ほかにも「メメタァ」「フヒィーン」など北斗の拳にも通じるものを感じます。

その独特な世界は、実写化するのが困難と思われていましたが、今年になってついに実現しました。
キャストは小出しに公開されましたが、どのキャラクターも違和感なくファンも映画の公開が楽しみなのではないでしょうか?

今回の映画は第4部の「ダイヤモンドは砕けない」の第一章を実写化したものですが、主人公の東方仗助の髪型まできっちりと再現しています。

まだ予告編が公開された段階ですが、奇妙な世界観はしっかりと再現されており、本編が楽しみです。