楽天証券の特徴

楽天証券は数ある証券会社の中でも多くのユーザーがいる会社の一つですが、元から楽天が運営していたわけではありません。
元はDLJディレクトSFG証券という、三井住友銀行系の証券会社でした。
楽天の連結子会社になったのが、2003年。以来、様々なサービスを加えて、今ではインターネット専業の証券会社として大手5社のひとつとなりました。

一方で、システム障害が多く発生し、行政処分を受けたこともあります。
1分1秒を争うネット取引において、ログインできないなどの障害は大きな損失を発生させることもありますので、改善が求められるところです。

取引を扱っているのは国内株式だけでなく、人気のFXや先物オプションなど、多くの商品扱っています。
元々がIT企業の楽天ですから、投資ツールはパソコンだけなくスマホにも完全対応のiSPEEDを利用することができ、外出先でも便利に取引をすることが可能です。

また、投資情報の定番と言える会社四季報をはじめとして、日経テレコンなども無料で読むことが出来るだけでなく、楽天独自の投資レポートなど、幅広い情報を得ることが出来るのも特徴です。

デビューキャンペーンなども行っているので、これから取引口座を作ろうと思っている方は候補に入れても良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です