なぜか硬派なラーメン屋さん

日本人のラーメン好きは、ちょっと海外の人にはわからないほどの熱狂的なものがあります。
飲食店の中でも、きっとラーメン屋さんが一番多いのではないでしょうか?

中華そばというくらいですから、元々は中華街で食べられていた中国の麺をルーツとしていますが、今ではすっかり日本の食べ物として独自の発達をしています。

そういった意味では、カレーライスと似ているとも言えますね。

ご当地ラーメンという言葉もある程、地方によって様々なバリエーションがあるのもラーメンの特徴です。
北は北海道の札幌ラーメンから南は九州の豚骨ラーメンまで、麺もスープもまったく違った魅力を持っています。

駅地下やショッピングモールにはラーメン街があるところも多く、集客エンジンともなっています。
行列に並んでまで食べたいというのは、本当に外国人には理解が出来ないでしょうね。

ところで、最近はなぜか、非常に男くさいイメージを売りにしているラーメン屋さんが多いのはなぜなのでしょう?
〇〇プロデュースみたいなカップラーメンに載っている店主の写真も、大体は腕組みをしていますからね。

マニアになると、年間800杯も食べる人もいるようですが、それって1日2杯以上ですから、体型もラーメン体型になってしまいそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です